メールはこちら
ご予約はこちら
Blog/ブログ

 

CYCLO NO IE presents 

 

はまかぜ海道サイクリング~松山・道後温泉から今治・しまなみ海道へ

愛媛県の一大観光地「道後温泉」から「しまなみ海道」へと、松山~今治を結ぶ海岸線のルート、通称「はまかぜ海道」。アップダウンが少なく、海岸線沿いの気持ちの良い風景の続くこの「はまかぜ海道」も、しまなみ海道へと続く新たなサイクリングスポットとして今、注目を集めています。道中の名所・休憩スポット・オススメグルメ情報などなど......はまかぜ海道の魅力を存分に紹介しましょう♪

 

【PR】しまなみ海道の玄関・今治に泊まろう

ゲストハウス「シクロの家」

シクロの家は CYCLO = 自転車 が大好きなメンバーが運営する旅の宿。JR今治駅前徒歩1分。しまなみサイクリングの情報収集&拠点にぜひご利用ください。

しまなみゲストハウスシクロの家 詳しくはコチラバナーミニ.png

今治・しまなみ海道の魅力をたっぷりご用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

シクロの家は、しまなみ海道エリアのサイクリングをサポートしているゲストハウスです。「サイクルオアシス総合拠点」として、しまなみ海道や今治の魅力発信も行っています。

 

 


 

はまかぜ海道 愛媛県松山市‐愛媛県今治市

 

「はまかぜ海道」は、しまなみ海道・今治松山を結ぶ約50kmの海沿いのルートです。主に国道196号線を走っていくことになります。斎灘(いつきなだ)の海を横目に走ることができる海沿いルートなので、まさに「浜風」を感じながらのサイクリングが楽しめます。

 

しまなみ海道の起終点、今治の町と松山・道後を結ぶ「はまかぜ海道」は、しまなみ海道との相性が抜群。しまなみ海道だけでなく、道後温泉松山城も楽しみたいという方や松山空港をスタート・ゴールに設定されている方には、「はまかぜ海道」は特におすすめ。しまなみ海道を走ってシクロの家に一泊&翌日に「はまかぜ海道」で松山・道後温泉を目指す方が多いです。

 

 

はまかぜ海道サイクリングルートマップ >> Google Mapで見る

― 赤色のライン
おすすめルート

― オレンジ色のライン
裏道・より道 

 ● 赤色の点
おすすめゲストハウス&旅宿

 ● 緑色の点
おすすめスポット

 ● 青色の点
おすすめのお店・レストラン・食堂



※地図上のラインやマークをクリックすると詳細情報が開きます。
【Googleマイマップの使い方】

この地図はスマートフォンやタブレット上で「Google Map」アプリにて表示すると便利です。

①.上の地図のタイトル横にある☆印をクリック
②.「Google Map」アプリを起動
③.左上の「≡」をクリック
④.マイプレイス > 地図 > はまかぜ海道サイクリングマップ

 

はまかぜ海道の高低差 

 

 

しまなみ海道のレンタサイクルは、はまかぜ海道・松山とは連携していないので、松山方面で自転車を乗り捨てることはできません。自分の自転車を持ってくるか、レンタサイクルで松山まで行っても今治まで戻ってくる必要があります。それでは今治から、松山・道後温泉に向けて、ルートをご紹介していきましょう。

 

 

はまかぜ海道をサイクリング.JPG

はまかぜ海道をサイクリング

 

 

シクロの家から「はまかぜ海道」を進み、愛媛県の最北端の岬、「大角の鼻」までは約12㎞の道のり。特に造船の町、波止浜の町を過ぎてからの海岸線沿いルートは、交通量も少なく瀬戸内海の穏やかな海を眺めながらのサイクリングとなります。また今治市大浜にある名物お好み焼き屋「昌万」や、海の見える自転車カフェ「シクロカフェ」休憩やランチにぴったり。愛媛最北端の地、大角鼻は広々と開けた海の景色が美しく、船が次々と往来してなんとも心地よい雰囲気のある場所です。

 

 

syomanokonomiyaki.jpg

昌万お好み焼き

今治市大浜のお好み焼き屋「昌万」ではいつでも笑顔が絶えない。

 

 

シクロカフェ.jpg

シクロカフェ

もともとフェリー乗り場だった建物をリノベーションした自転車のカフェ。>>詳細はこちら 

 

 

大角の鼻から進路を南にとり、松山方面へ。波方や小部といった小さな町を走り抜けると、大西に入ります。大西は造船業の盛んな町ですが、星の浦海浜公園鴨池海岸といった美しい海岸が多く、ちょっと休憩するのにいいスポットが満載です。

 

大西を過ぎると、続いて瓦造りで有名な菊間の町へ。老舗瓦工場が立ち並び、道端に雑然と置かれた立派な鬼瓦が印象的。ここで作られる瓦は「菊間瓦(きくまがわら)」と呼ばれ、750年以上の歴史ある伝統の高級品です。大三島の大山祇神社をはじめ、松山城、京都御所に納入した歴史もあるそうです。かわら館に立ち寄ると、その歴史に深く触れることができるでしょう。

 

 

菊間瓦の職人さん.JPG

菊間瓦の職人さん

菊間、いぶし銀の瓦造りは750年以上も続いている......

 

 

菊間の町を抜けると、いよいよ今治市と松山市の県境。県境近くの道の駅・風早の郷 風和里(ふわり)で小休止したら、つづいて北条の町へ。北条は荒々しい秋祭りが有名なところで、神輿を階段から投げ落としたり、水路に投げ落としたりする神事があります。

 

このほか「はまかぜ海道」の沿線には、花崗岩の巨石群「白石の鼻」、ドラマ『東京ラブストーリー』の有名な最終回のロケ地となった「梅津寺駅」など見どころもたくさん!

 

 

鹿島.jpg

北条の鹿の島、鹿島へ立ち寄り

 

 

例えば鹿島。「はまかぜ海道」の途中、北条港から渡船で約3分で小さな島に渡ることができます。ここが鹿島。名前のとおり、この島には県天然記念物に指定されているキュウシュウシカが生息しており、散策中に出会えるかも♪ 緑が生い茂る森の中や海辺には遊歩道が敷かれ、島内には無料キャンプ場やカフェもあります。渡船を利用する際には、自転車の積載はできませんのでご注意くださいね。

 

 

そしていよいよ松山の市街。ここから道後温泉までの区間は自動車の交通量も一気に増えるので、走行に一層の注意が必要です。最終目的地は道後温泉でしょうか。宿に荷物を預けて道後散策にでかけましょう。路面電車で松山観光もいいかもしれません。道後温泉付近には温泉旅館や温泉ホテルはもちろん、素敵なゲストハウスもたくさん誕生しています。サイクリングの後に、名湯で疲れをいやしてはいかがでしょう。

 

 

 

浜風をうけながら

浜風をうけながら斎灘(いつきなだ)を望む海沿いのほぼ平坦な爽快なルート

菊間は瓦のまち

菊間は瓦のまち750年の歴史をもつ菊間瓦。はまかぜ海道沿い菊間のまちには瓦工場がならぶ

夕陽の名所、大角鼻

夕陽の名所、大角鼻愛媛県の島しょ部を除く最北端の岬、大角鼻(おおすみのはな)は特におすすめ

はまかぜ海道

はまかぜサイクルオアシスはまかぜ海道にも休憩所「サイクルオアシス」が整備されている

 

 

 

 

 

サイクリストのためのサイクリストによるガイドブック【しまなみ島走BOOK】 あらゆるルートを網羅した地図【しまなみ島走MAP】 サイクリストの休憩所「しまなみサイクルオアシス」 トラブル対応「しまなみ島走レスキュー」 サイクリストに安心の宿「しまなみ自転車旅の宿」