メールはこちら
ご予約はこちら
Blog/ブログ

 

 

四国は愛媛、今治でシクロクルー体験
ゲストハウス「シクロの家」ヘルパー募集

瀬戸内海・しまなみ海道・四国を満喫できる「シクロの家」のヘルパー制度を紹介しています。「シクロの家」は「しまなみ海道」の玄関口・今治市にあります。私たちはゲストハウスで働きながら、今治の町を盛り上げる仲間「シクロクルー」と名付けました。2週間~1か月間、「シクロの家」の業務をお手伝いしながら、長期滞在してみませんか。

 

シクロの家のヘルパー募集イメージ写真

 

 

 

しまなみ海道のサイクリングをイメージした仕切り線

 

 

しまなみ海道のサイクリングをイメージした仕切り線

 

 

ヘルパー概要

シクロクルーの大まかな内容

 

「シクロの家」では「ゲストハウスで働いてみたい人」を大募集しています。ちょっと長い休暇にゲストハウスで "ワイワイ過ごしてみたいなぁ" という方から、将来 "ゲストハウスを開業してみたい" と考えている人まで etc。

 

お手伝い内容 館内清掃・ベッドメイク・チェックイン補助など
待遇 期間中の寝場所(ドミトリーの1ベッド)無料提供、ランドリー・シャワー・キッチン利用自由 *給料はありません。
時間の目安 10~12時 17~20時 *この時間外はフリーです。
期間 最低2週間以上できる方(最大1か月まで)
募集時期 通年*
備考 週1日は完全にお休みあり

*活動希望期間をお知らせください。

*受入可能な人数があります。受入が難しい期間をご希望された場合は、別の期間をご提案させていただく場合があります。

 

「シクロの家」で充実のゲストハウスヘルパーライフを満喫しながらの長期滞在!自転車の聖地・しまなみ海道と今治の町を堪能できますよ。ちょっとでも気になった方は、まずは「シクロの家」にメールにてご連絡ください♪♪

 

しまなみゲストハウス「シクロの家」
メールアドレス: cyclo@cyclonoie.com

 

 

 

 

シクロの家ヘルパートップ画像

 

 

はじめに

1.ゲストハウスのヘルパーって何?

 

「ヘルパー」とは、ゲストハウスならではのしくみ(文化)で、文字通り "お手伝いさん" というイメージ。一定期間、補助スタッフとして基本的には住みこみで、チェックイン業務や清掃の仕事を担当します。全国のゲストハウスの多くがヘルパー制度を活用していて、こうした "お手伝いさん" を募集しています。ゲストハウスによって待遇が違い、中には給料やマカナイがでるところもありますが、給与のかわりに寝床を提供する"フリーアコモデーション:略してフリアコと呼ぶことも" のシステムを導入している宿が多い印象です。海外からの長期旅行者*がこの「ヘルパー制度」を活用しながら日本中を旅しているケースも珍しくありません。新たな旅のスタイルといった感じですね!「シクロの家」では瀬戸内地域への移住を考えている方に向けての「お試し居住」のしくみとしても活用しています。

*海外の方がヘルパーとして働く場合にも就労可能なワーキングホリデービザが必要です。

 

 

シクロの家について

2.ゲストハウス「シクロの家」ってどんなところ?

 

「シクロの家」は、サイクリストの聖地としても国内外から注目されている「しまなみ海道」の四国・愛媛県側の玄関口、今治市にあるゲストハウス。地域づくりの活動をすすめるNPO法人「シクロツーリズムしまなみ」が運営しています。

 

ゲストハウス「シクロの家」のヘルパー制度イメージ写真

シクロの家へようこそ!

 

ベッド数は14とこじんまりとした規模で運営している「シクロの家」。宿泊の方の約6割がサイクリング目的ですが、四国ならではのお遍路さん、バイクツーリング、駅が近いので鉄道旅行者そしてビジネスマンなどなど、いろんな旅人が集まる宿なんです。

だから「シクロの家は自転車に乗ったことがないヘルパーさんもウェルカム!」、むしろ「シクロの家」に来るときっと自転車に乗ってみたくなるはず♪ 自転車や旅好きスタッフが集まっているので「しまなみ海道サイクリングに行ってみたいけど不安だなぁ......」というときはアドバイスやレクチャーもしますよ。

海外からの旅行者も年々増えてきており、館内にいろんな言語が飛び交い刺激的な非日常世界が広がります。カタコトのイングリッシュでも大丈夫!英語やジェスチャーでのコミュニケーションもきっと貴重な体験になるはず♪

 

 

 

しまなみ海道×自転車旅

3.シクロの家ヘルパー「シクロクルー」の制度

 

「シクロの家」ではヘルパーさんを、ゲストハウスを通して今治の町を一緒に盛り上げる仲間「シクロクルー」と名付けました。1日のうちで事前にきめた数時間をお手伝いしていただきます。お給料は出ませんが、寝場所(ドミトリー1床)・ランドリー+週1日は完全にお休み付き。今治に移住をお考えの方のご相談もお受けします!希望のヘルパーさんには自転車(シティサイクルやクロスバイクも)もお貸しできますので、空いている時間や休みの日には、しまなみ海道サイクリングも満喫できますよ♪ 日程によっては、シクロの家が主催するサイクリングガイドツアーやイベント、地元のお祭りに飛び入り参加できちゃうことも!!

 

ヘルパー期間中にイベントがあるかも

 

・期間は?

2週間~1ヶ月間程度でお願いしています。(※更新は要相談)

 

・どんな仕事をする?

「シクロの家」のヘルパーさんには、午前は2階のベッドルームとトイレ掃除・午後はチェックイン業務の補助と、ゲストさんが快適にすごせるようにお手伝いをお願いしています。毎日、日本中・世界中から訪れるゲストさんともどんどん会話して楽しんでください。住んでいるところや立場、年が違っても、ここでは同じ旅人。一期一会の出会いが心地よいですよ♪

 

ゲストハウス「シクロの家」のヘルパーの仕事イメージ写真

 

・ヘルパーの待遇は?

給料なし、寝場所(ドミトリー)、ランドリー・シャワー利用可。週1日は完全にお休みあり。
まかない等、食事の提供はありませんが、シェアキッチンは自由に使えます。希望者にはお米5㎏を提供しますよ!料理の腕が上がるかも?!そして基本的にカプセルタイプのベッド*で寝泊まり。一般のドミトリーとは違い、狭さを感じるかもしれませんが秘密基地のようでワクワクする空間。宿泊予約の状況により、4人部屋や宿直室のベッドへの移動をお願いすることがあります。

*女性の場合、可能な限り女性専用ドミトリーのベッドをご用意します。

 

ヘルパーのベッドやキッチン、ランドリーなど

 

 

 

ある日のヘルパーさん

4.シクロクルーの1日

 

10時までは自由時間なので、早起きして今治城や今治港まで散歩もよし。朝市に出かけたり、早朝喫茶でモーニングしたりもよし。2度寝するもよし。食費節約のためシェアキッチンで美味しそうな朝ごはんを自炊するヘルパーさんの姿も。 宿泊のゲストさんが皆出発した10時からはベッドルームの掃除。お天気の良い日は布団を外に干したり、布団乾燥機や布団掃除機を駆使して全ての布団をフカフカにしていく作業はなかなか気持ちがいいですよ♪ お仕事の日でも毎日、昼のフリータイムが5時間あるので、しまなみ海道のひとつめの島ぐらいまでサイクリングにでかけるヘルパーさんが多いです。隣の松山市にでかけてみたり、美人の湯と名高い今治の温泉巡りをしたりできちゃいます。海にも山にも近く、瀬戸内の自然や風土を満喫できますよ!

 

 

 

今治としまなみの魅力

5.休みの日はどこへ行こう?

 

・今治ってどんな町?

観光地ではないですが、とにかくこの町は面白い!!製造業が盛んな町で「造船」「タオル」が有名。いまや全国にその名を知られるようになった「今治タオル」。この高品質のタオルブランドのことが知りたいなら、ぜひ「今治タオル本店」へ。今治タオルの販売はもちろん、歴史に触れたり、厳しい品質検査の体験もできちゃいます。「タオル美術館」も観光スポット。サイクリングがてら訪れてみてください。、焼き肉のたれで有名な「日本食研」。食卓で見かけたことがありませんか?本社工場はこの今治市にあるんです。外観は驚くなかれ、ヨーロッパの格調高い宮殿そっくり!!初めて見た人にはこの中が工場だと思えないでしょう。工場見学も◎

 

造船やタオルなど今治の魅力

 

しまなみ海道の大島、伯方島、大三島まで今治市です。柑橘類が有名な愛媛県ですが、年中温暖な気候なので、さまざまなフルーツや野菜も栽培しています。キウイは国内生産量がなんと日本一なんです!もちろん新鮮な魚介類もはずせません。鯛の漁獲が盛んな今治で郷土料理「鯛めし」を一度食べてみてください。

 

ヘルパーとして働きながら今治グルメを満喫

 

独特の食文化も健在。今治のB級グルメといば「焼豚玉子飯」、そして名物といえば「今治鉄板焼き鳥」。「シクロの家」周辺にもこれでもかというほどの焼き鳥屋さんが点在しています。チェーン店が少なく、そのほとんどが個人店。味は保証付き!今治ローカルフードをぜひ味わってみてください。

 

・しまなみ海道サイクリングに行きたい!

島の路地裏や外周ルート、ヒルクライムスポット、フェリーを使って島へ渡るなど、一般に知られている推奨ルート以外にも楽しめるルートが無限大のしまなみ海道サイクリング。今までのクルーさんもいろんなルートを走り満喫しました♪

 

ヘルパーがお休みの時にはしまなみ海道サイクリングを満喫

 

たとえば・・・1日の休みを使って
①今治→大島→生口島→大三島→因島までサイクリングし、帰りは土生港からフェリープラン
②今治港から大三島・宗方港へ船で。大三島1周してふたたび船で帰ってくるプラン
などなど体力や楽しみ方に合わせて、しまなみ満喫コースをご案内♪フェリーやバスを駆使すれば、しまなみ海道を楽しみ尽くせますよ~ ガイドブックや地図も出版しているシクロスタッフに気軽に相談してください。あなたに合った面白いルートを教えます♪

 

・温泉もあるよ♪♪

「シクロの家」から約10kmの山間部にある鈍川温泉(にぶかわおんせん)。日帰り入浴できますよ~美人の湯と言われる通り、お肌がすべすべつるつるに! また海岸ちかくの湯ノ浦温泉や山の中の本谷温泉、足をのばせば松山・道後温泉と温泉三昧♪サイクリングがてら出かけてみるのも◎

 

 

 

シクロの仲間たち

6.シクロの家にはこんなスタッフがいます!

 

ゲストハウス「シクロの家」は自転車旅好きなスタッフが中心となって運営に携わっています。それぞれが個性的で愉快な仲間たちがお待ちしています。

 

スタッフ_山本 優子

優子:しまなみゲストハウス「シクロの家」を運営するNPO法人シクロツーリズムしまなみの代表。生粋のいまばりっ子。地元のしかと根を張って「自転車の聖地いまばり」の実現に向けて日々、邁進中!時間がある時にのみ「シクロの家」のママに変身する。

 

シクロの家スタッフ_宇都宮 一成

なりちゃん:10年間世界88ヶ所を自転車で旅した経験をもつ。しかも1人ではなく奥さんのトモちゃんを連れてタンデムバイク(二人乗り自転車)で実行しちゃった強者。(この旅の本も販売中!なりちゃんとトモちゃんの日記形式で綴られていて、読みだすと止まりません笑)走り出すとどこまでも行っちゃいそうな......。帰国後は、しまなみ海道から自転車の愉しみを広める活動中!

 

シクロの家スタッフ_むらまさ

むらまさ:学生時代によく分からずサイクリング部に入部したことがきっかけで自転車旅にハマり、日本全国をキャンプしながら自転車で貧乏旅をした。ぎりぎり平成生まれなのだが、自転車も音楽も漫画もレトロなものに目がない古風な男。2014年に静岡から今治へと移住し、最初の1か月間は住み込みでシクロクルーとして働き、そのままシクロに就職。しまなみ海道では自転車×アウトドアの楽しみ方を研究中...!

 

スタッフ_よっしー

よっしー:京都生まれ京都育ち京都弁を話すにもかかわらず、「京都人」にみられたことがない。京都でロードバイクに出会い自転車生活を始めるが、海や川のそばで自転車で走り回って暮らしたいと思い始めてさくっと尾道へ引っ越し。2016年に尾道での生活を経て現在の今治へ移住、シクロの家で働き始めました。今は自転車女子の普及に尽力中!

 

スタッフ_ゆうき

ゆうき:しまなみ海道と同い年で元気モリモリの最年少。高校卒業後、ワーキングホリデーでニュージーランドに1年間滞在し、数ヶ月かけて自転車でニュージーランド南島一周を果たす。シクロツーリズムしまなみ新スタッフとしての今後の活躍に期待!

 

スタッフ_なおみ

なおみ:海鮮大好き!食べるの大好き!海無し県を飛び出し、自転車走らせ海を眺める景色に魅せられ、そのまま移住。ちょっとお転婆なニューフェイス!

 

 

スタッフ一同、シクロクルーへのご応募を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

しまなみ海道のサイクリングをイメージした仕切り線