メールはこちら
ご予約はこちら
Blog/ブログ

 

「シクロの家」 ゲスト様向けサイクリング情報ページ

 

しまなみ海道へ自転車を送る方法、自分で運んでくる便利な方法は?

 

世界でも有数のサイクリングスポットとして知られる「しまなみ海道」。自転車ならではの、ゆったりとした旅スタイルや爽快感が訪れる多くの人を魅了しています。レンタサイクルのシステムが充実しつつあり、各地で乗り捨てができるなど便利になっています。しかしながら、せっかくしまなみ海道サイクリングするなら、乗り慣れた自分の自転車で走りたいという方も多いはず。ここでは「しまなみ海道に自転車を送りたい」「しまなみ海道に自転車を運びたい」とう方に便利なサービスをまとめてご紹介します。

 

 

【PR】しまなみ海道の玄関・今治に泊まろう

ゲストハウス「シクロの家」

シクロの家は CYCLO = 自転車 が大好きなメンバーが運営する旅の宿。JR今治駅前徒歩1分。しまなみサイクリングの情報収集&拠点にぜひご利用ください。

しまなみゲストハウスシクロの家

 

詳しくはコチラバナーミニ.png

今治の魅力をたっぷりご用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

2016.10.14作成
2018.3.30更新

 

仕切り線

 

 

しまなみ海道サイクリングをイメージした仕切り線

 

 

自分の自転車でしまなみ海道を走る

・しまなみ海道にMY自転車で楽しむゲストさん急増中!

 

瀬戸内の穏やかな海と島々をめぐる「しまなみ海道のサイクリング」。初めて自転車旅行をするビギナーからベテランサイクリストまで幅広い旅行者が世界中から訪れています。1度だけでなく2度、3度と繰り返し訪れる「しまなみ海道ファン」も多く、最初はレンタサイクルで楽しんでいたけれど、次は乗り慣れたMy自転車でしまなみ海道サイクリングを楽しみたいなぁというゲストさんが増えています。

 

しまなみ海道サイクリングの写真

自分の自転車でしまなみを旅したい!

 

手ぶらでしまなみ海道サイクリングを楽しめるレンタサイクルは、各島で乗捨てできるなどとても便利ですが、乗り慣れない自転車にいつもより疲労したり、身体が痛くなったりといことも......。普段からサイクリングを楽しんでいる方には「やっぱり自分の自転車でしまなみ海道を走りたいなぁ」という声も多く耳にします。乗り慣れた愛着のある自分の自転車で、しまなみ海道の島々を駆け抜けてみませんか?

 

 

仕切り線

 

 

便利な自転車配送サービス

・しまなみ海道に自分の自転車を送りたい

 

「自分で運んでくるのは面倒だなぁ」
「輪行は周りに気を遣うからなぁ」
「サイクリング後に自転車を気にせずに観光したいなぁ」

 

という方には【自転車配送サービス】が便利です。自宅からしまなみ海道へ自転車を輸送し、現地で組み立ててサイクリング。帰りは、しまなみ海道から自宅へと自転車を輸送し、自分は身軽に帰ることができます。身軽になった分、道中に観光地へ立ち寄ってみるのもいいでしょうし、お土産もいっぱい買って帰れるかも?

 

しまなみ海道に自転車を送る

専用の段ボールを利用するサービスも

 

全国的に自転車を楽しむ人口が増え、サイクリングイベントも各地で開催されるようになり、各社が自転車輸送に特化したサービスを開始しているため、実は自転車を送るにはいくつか選択肢があります。各サービスで使い方・料金・サービス内容などにけっこう差があるので比較して自分に合った方法を選ぶことをオススメします。

 

以下、しまなみ海道サイクリングに訪れる「シクロの家」のゲストさんがよく利用される【自転車配送サービス】をピックアップしてみました。

 

カンガルー自転車輸送便|西濃運輸
http://www.cycle-seino.jp/

 

サイクリングヤマト便|サイクリック
https://cyclic.ne.jp/lp/index.html

 

しまなみ海道手ぶらサイクリング|佐川急便
http://www.sagawa-exp.co.jp/stc/

 

シクロエクスプレス|シクロエクスプレス
http://cycloexpress.co.jp/

 

 

宿泊のゲストさんでしたら、事前にご自宅から「シクロの家」宛にお送りいただくことも可能です。お帰りの日まで段ボールや輪行BOXなどをお預かりすることもできますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 

仕切り線

 

 

[PR] しまなみ海道サイクリングガイドブック『しまなみ島走BOOK』

しまなみ海道サイクリングガイドブックの最新版「島走BOOK」発売開始

 

  <改訂版Ⅲ>の詳細 >  

 

  Amazon.co.jp で見る >  

 

 

仕切り線

 

 

しまなみ海道へ自転車を輪行する

・しまなみ海道へ自分の自転車を運びたい

 

前後輪を外すなどして専用の袋に入れ、JRや飛行機などの公共交通で運んでくる「輪行」と呼ばれる方法で持ってくる方が多いです。公共交通機関の規定内であれば手荷物料金や追加料金がかからないことも。また自分で運ぶため、傷や破損、故障のリスクを自分で管理できる利点もあります。

 

しまなみ海道で輪行にチャレンジ

初めての輪行にチャレンジ!

 

新幹線でも、車両一番後ろの3列席を指定で取り、座席の後ろスペースに自転車を積載してくるのは"輪行サイクリスト"がよく行う方法です。規定内とはいえ大きな荷物であることには変わりないので、周りの乗客の方々に気を遣いながらルールとマナーをしっかり守ることが非常に大切です。

 

しまなみ海道の玄関口となるJR今治駅やJR尾道駅には、自転車組み立てスペースが完備されているので、駅で自転車を組んでしまなみ海道へ向けサイクリングをスタートできます。自転車組み立てスペースには空気入れと工具など必要最低限のものが準備されていて便利です。今治駅、松山駅、宇和島駅では輪行袋のレンタルサービス(有料)も実施されています。

 

 

✔しまなみ海道へのアクセスで便利なフェリー便

 

フェリーはそのまま自転車を運べるので便利です。大阪周辺在住の方は大阪南港~東予港のフェリー、福岡方面の方は小倉~松山のフェリーを使えば夜のうちに移動が可能です。広島~呉~松山のフェリーや柳井~松山のフェリーもそのまま自転車を積載することが可能です。

 

しまなみ海道周辺の航路図

 

大阪南港~東予港|オレンジフェリー
http://www.orange-ferry.co.jp/

 

広島港・呉港~松山観光港|瀬戸内海汽船
http://setonaikaikisen.co.jp/kouro/cruise/

小倉港~松山観光港|松山・小倉フェリー
http://www.matsuyama-kokuraferry.co.jp/

 

柳井港~三津浜港|防予フェリー
http://www.boyoferry.co.jp/

 

 

✔しまなみ海道へ飛行機で自転車を運びたい

 

遠方からは飛行機でしまなみ海道へ&自転車を運んでくる方も多いです。尾道側では広島空港、今治側では松山空港が最寄りの空港です。最近はLCCが就航しているルートもあり、かなり格安でしまなみ海道へ来れることも。ただし、LCCでは自転車の輸送に追加料金がかかる場合があるので注意が必要です。

 

広島空港の自転車輪行向けBicucleHub

広島空港のBicucle Hub

 

松山空港・広島空港ともに自転車輪行向けサービスが充実。広島空港では「Bicycle Hub」として、自転車用スタンド・専用の工具・空気入れ、着替えのための更衣室を完備していることはもちろん、自転車輸送に使用したダンボールの廃棄・保管場所として利用できる「自転車用ダンボール置場」まで用意されています。また松山空港でも自転車組み立てスペースとしてサイクルスタンド・空気入れ・工具貸し出しを行っている「サイクルステーション」、更衣室が完備されており、段ボール預かりサービスや手荷物輸送サービスも実施されています。

 

 

仕切り線

 

 

しまなみ海道を片道/部分的に楽しむ

・しまなみ海道エリアで自転車を運ぶ

 

しまなみ海道周辺エリアの船やバスは、自転車の持ち込みに対応している場合が多いです。フェリーや高速艇は一部の便をのぞき、ほぼすべての航路で自転車の積載が可能です。航路や船のタイプによって積載台数に制限があったり、輪行バッグに詰める必要がある場合もあるので、事前のチェックが必要です。

 

しまなみ海道サイクリングでよく利用されるフェリー・旅客船航路(自転車積載可)

 

今治⇔土生       フェリーではなく旅客船のため自転車積載数に限界あり。大島の友浦港や伯方島の木浦港、上島町(ゆめしま海道)の島々に寄港して因島へ。土生港の乗り場は「長崎桟橋」ではなく「中央桟橋」なので注意。1日数便は自転車積載不可。
旅客船
 
芸予汽船 >
 
今治⇔宗方 大崎上島行のフェリーや旅客船「とびしま号」が、今治港から大三島の宗方港に寄港する。「とびしま号」には自転車を最大で10台の自転車が積載可。
フェリー      大三島ブルーライン >
旅客船
 
今治市営船舶 >
 
瀬戸田⇔尾道 1日8往復。瀬戸田周辺には観光スポットも多い。旅客船のため積載できる自転車数に限界あり。しまなみ海道を半分だけ楽しむサイクリングプランにかなり便利。
旅客船
 
瀬戸内クルージング >
 
沢⇔須波 港は瀬戸田港とは異なるため注意。須波港からはJR呉線・須波駅まで徒歩圏内。
フェリー
 
土生商船 >
 
重井⇔三原 1日11往復しているフェリー。片道30分。三原港からJR三原駅までは徒歩5分。三原港には広島空港行きのリムジンバスも停まる。
フェリー
 
土生商船 >
 

 

 


 

 

✔バスに自転車を載せることはできる?

 

しまなみ海道には鉄道はありませんが、バス路線が充実しています。今治~尾道間を1日3便で結ぶ高速バス「しまなみサイクルエクスプレス」は、事前に予約すれば自転車を輪行袋に入れることなく車内に自転車を持ち込めます。 

 

前輪を外すだけで自転車を載せられる高速バスしまなみサイクルエクスプレス 

1台のバスに最大6台と限りがありますが、前輪を外すのみで自転車積載可能。ハンドルにS字のハンガーをかけて縦置きをします。保護カバーやゴムベルト、ベルト等で固定するので、安心感があります。

 

しまなみサイクルエクスプレス|おのみちバス
http://onomichibus.jp/cycle-exp/

 


 

✔しまなみサイクルエクスプレス以外のバスは積載可能?

 

例えば福山~今治間の高速バス「しまなみライナー」は「自転車は輪行すれば積載可。ただしトランクの積載量によって断られる場合あり」。つまり、ほかのお客様の荷物の量次第とのことです。

 

しまなみライナーは自転車の積載可か検証 

トランクの空き状況によるが積載可!

 

ちなみに、しまなみサイクルエクスプレス以外のバスで、今治~尾道間をバスで移動する方法は2つ ① 因島大橋BS乗り換え ②「しまなみライナー」で向東BSを利用

 

①の乗り換え便は、福山~今治間の「しまなみライナー」尾道~因島間の「路線バス」を因島大橋BSで乗り継ぐ方法。接続が悪く待ち時間が長い時間帯もあるので要チェック。②は裏技的ですが、福山~今治間の高速バス「しまなみライナー」が停まるバス停のうち、最も尾道に近い向東BS(向島BSではないので注意!)で乗車または下車。向東BS~渡船乗り場間は約1.2kmあります。歩くか自転車を組み立てて走ることになります。

 

 


 

 

✔自転車をそのまま積み込める列車は?

 

サイクルトレインしまなみ号2016.jpg 

自転車をそのまま積み込めるJR四国の列車「サイクルトレインしまなみ号」を使うと松山から「しまなみ海道」へのアクセスが便利です。春や秋のサイクリングシーズンに合わせた期間限定便ですが、期間中は毎土日祝日に運行しています。

松山駅~三津浜駅伊予北条駅~波止浜駅~今治駅に停車する臨時列車。運賃は松山駅から今治駅で片道1,000円程度。サイクルトレインの運行に合わせて、しまなみ海道エリアでは各種イベントやサイクリングツアーなども目白押し!チェックしていつもとは違ったしまなみ海道の楽しみ方を

 

 

仕切り線

 

 

 

 

仕切り線

 

 

 

Bike Trip across the Seto inland sea, Shimanami-Kaido in Japan | CYCLONOIE | Vimeo (1:58)

 

 

 

仕切り線